無料相談が可能

相談任意整理を行うことを考えている方は当然ながらお金に頭を悩ませているでしょう。となると、弁護士に相談をするときの相談料も気になるところです。ただ、無料相談に対応している事務所も少なくありません。無料相談ができるのであれば、費用に関しての問題はなくなるものです。多くの事務所が無料相談に対応している理由としては、依頼者の心理をよく心得ているといえるでしょう。お金がないことに頭を悩ませている方に対して、相談だけでお金を取るというのは気が引ける理由になるものです。

無料相談をして費用や支払い方法が明確であるのかを確かめるのがよいでしょう。もちろん、その弁護士との相性がよいかどうかについても注目すべき点になります。無料相談があるからこそ、自分にピッタリの弁護士を選択できるといえるでしょう。任意整理を行うのなら、迅速に対応しないといけないのは間違いありません。ただ、弁護士選びに関しては焦る必要はないといえます。

地域差こそあっても、今の時代においては無料相談に対応している事務所を見つけるのはそう難しくはありません。まずは弁護士無料相談をして任意整理を行うことができるかをはっきりさせることで、今後の方針も自然と決まっていくでしょう。

弁護士が安心の理由に

弁護士借金をしており、業者からの取り立てで追い込まれているのなら、任意整理を行うのはひとつの方法です。弁護士に依頼をすれば、金融業者からの催促が止まります。金融業者からの催促が止まることが安心して生活できる理由になります。冷静でいられないのが借金問題に適切な対応ができない理由になることもあるでしょう。また、借金を減額あるいは整理するにあたっての適切な方法を提示してくれるのも大きいです。自己破産とは異なり、任意整理はあくまでも減額された借金を減額するのが条件であり、現在の収入からかんがみての計画を立てないといけません。

さらに、手続き上の書類作成などを代行してくれるのも、過払い金があるかどうかを調査してくれるのも弁護士の役割です。弁護士費用がかかってしまうものの、弁護士に依頼するだけの理由があるのは間違いありません。任意整理を行うにあたっての方法自体を調べるのはそう難しくはないものです。

ただ、行動を起こすにあたって時間がかかるのはもちろん、精神衛生上よくないという問題もあります。実際に弁護士に依頼するかどうかは別問題です。まずは弁護士に相談をすれば、適切なアドバイスをしてくれるでしょう。そのうえで依頼するかどうかを決めても遅くはありません。

任意整理を弁護士に相談

お金任意整理は債務整理の種類のひとつです。特徴になるのは取引開始時のさかのぼり、金利を15%~20%に引き下げて再計算することです。借金を減額して金利をカットして元本のみを3年ほどで分割して返済する内容の和解を結ぶことになります。その和解内容で返済を続けていき、借金を整理していくことになります。任意整理を行うにあたってのポイントはまず任意整理を行えるかどうかです。元本のみを3年ほどで分割しての返済をしていくためには、安定した収入があるかが大切になります。継続して収入を得る見込みがないと、任意整理を選択したくてもできません。

改正貸金業法が完全施行される以前の出資法は上限金利が29.2%でした。ただ、利息制限法の上限金利を超えて設定した場合でも、出資法の上限金利を超えても刑事罰は科せられることはなかったのです。利息制限法と出資法の上限金利の間の金利は民法上無効であり、グレーゾーン金利と呼ばれていました。任意整理をすることで、今まで返済し過ぎていたグレーゾーン金利に相当する金額が減額され、場合によって借金の元本を超えて返済している場合もないわけではありません。

任意整理をするときには金融業者との和解交渉をすることになります。弁護士に依頼すれば交渉をすべて対応してくれて、普通の生活をしながらどういった返済をしていくかについての相談もできます。弁護士の存在が任意整理を行うにあたって大切なパートナーとなるでしょう。まずは弁護士に相談するのが大切です。