お金任意整理は債務整理の種類のひとつです。特徴になるのは取引開始時のさかのぼり、金利を15%~20%に引き下げて再計算することです。借金を減額して金利をカットして元本のみを3年ほどで分割して返済する内容の和解を結ぶことになります。その和解内容で返済を続けていき、借金を整理していくことになります。任意整理を行うにあたってのポイントはまず任意整理を行えるかどうかです。元本のみを3年ほどで分割しての返済をしていくためには、安定した収入があるかが大切になります。継続して収入を得る見込みがないと、任意整理を選択したくてもできません。

改正貸金業法が完全施行される以前の出資法は上限金利が29.2%でした。ただ、利息制限法の上限金利を超えて設定した場合でも、出資法の上限金利を超えても刑事罰は科せられることはなかったのです。利息制限法と出資法の上限金利の間の金利は民法上無効であり、グレーゾーン金利と呼ばれていました。任意整理をすることで、今まで返済し過ぎていたグレーゾーン金利に相当する金額が減額され、場合によって借金の元本を超えて返済している場合もないわけではありません。

任意整理をするときには金融業者との和解交渉をすることになります。弁護士に依頼すれば交渉をすべて対応してくれて、普通の生活をしながらどういった返済をしていくかについての相談もできます。弁護士の存在が任意整理を行うにあたって大切なパートナーとなるでしょう。まずは弁護士に相談するのが大切です。